学食巡り、バカレ

ARTICLE PAGE

【大学食堂のカレー】東京大学 本郷キャンパス 第二食堂 2002/6-2009/1

東京大学
  • comment0
  • trackback0
南北線「東大前」より徒歩15分くらい・・・内部に入ってから食堂までが長い

東大文京区の今度は第2食堂へ

東大のバス停の終点ですね



【バカレ】

こちらの2階が第2食堂になります



1階は本屋


覗いてみます・・・

【バカレ】

あの普通の本屋です


大学生協のコンビニみたいな本のコーナーがあるとかじゃなくって、普通に本屋


ジャンル別に本が置いてる


文庫とかのジャンル以上に哲学、音楽とか洋書も置いてる

あっ漫画の単行本も置いてるコーナー発見


2002年は

「ブラックジャックによろしく」が山積みでした

 

最近は、もやしもんが置いてあった



レジの横にチラシ置き場を発見

 

その中で「ほん」という東大生協発行で学生が毎月発行してる会報誌を手に取る


ちょっと拝借

 

レイアウト上手いな~と素直に関心

 

毎号テーマを決めて、そのテーマに沿った本の紹介をしている様子

 

本格的です



1月号 特集 ツガイとムレの現在


2・3月号(休みの期間は休刊の様です) 特集 聖地を巡る

 

4月号 特集 30年記念


5月号 特集 病気

 

6月 7月ともに見当たりませんでした。


 

8・9月号特集 萌え

 




・・・すいません




すいません、みなさん




こんなに突っ込みどころのある特集を残して

 


俺はカレーを食いに行けない



まず、各号表紙イラストがイメージに有ったもの載っているが


8・9月号が大幅に超越している

 


【バカレ】

表紙の絵の説明すると


ポニーテールの女の子に


ネコミミがあり


メイドさんの頭に着けるやつを搭載

しかも、セーラー服っぽい体操着エプロン装着


おまけにパンチラ(萌の字の後ろに隠されてる)かつ、手が肉球・・・

 

 

いいのか東大? どうした東大?



・・・いや流石、日本の最先端と言うべきか

 

 

背景に見える「妹」「ぷに」「ネコミミ」「ロリ」「メイド」の文字が


目に痛い



 

俺は大学でに発行され真剣に編集された会報誌


ここまでの暴れっぷりを見たことがない

 

で、さらに気になる英文を発見


 

The Impact Factor of Burning Heart...

 

も、萌の英訳かい!!

 

中身をちょっとだけ紹介すると

 

なにかをするとき、それが「好き」であることは有利さにつながる。しかし・・・

・・・「萌」とは元来、その原動力たる能動的アティテュードである・・・

 

小見出しより 『こみっくパーティー』で「うたわれるもの」

 

また、格好いいことを言うんだよ



気になるんなら取りにイットケ


東大生協 通販事業部 > 広報 > 書評誌「ほん」 > 書評誌「ほん」

・・・通販ページが充実しすぎだと思うんだ



2009年、現在は

【バカレ】
表紙の方は、写真と落ち着いたのですが
中身もSFで「人類は衰退しました」が書いてあったりしますが、硬派な読書紹介になってますね

1P丸々、英文で海外の方にも本薦めてたりと

東大生協組合センター「ほん」編集委員会に90円切手10枚を送ると10回分届けてくれるそうです





食堂の話ですよ

【バカレ】
螺旋階段を昇って


【バカレ】
到着

中央食堂比べて、営業時間が短いようです

中へ
【バカレ】

【バカレ】【バカレ】
【バカレ】
中央食堂が地下で荘厳な感じがしますが
こちらは対照的に窓が大きく、開放感がありますね


カウンターでカレーを
【バカレ】
頼むのですが

【バカレ】
違いはルー
とか書いてますよ~これはこれは

【バカレ】
ルーのみ販売とか
これは、慶応大学のカップカレーの様な単品ではなく・・・食材に掛るものではないかと推測

今度、機会があれば頼んでみます


カレーを受け取って
レジで支払ってテーブルへと行きたいのですが

トレッシング類の中に
【バカレ】
にんにくを発見しました

これは見たことがないですわ~

そんな感じですよ
では、カレーを


第2食堂のカレー
【バカレ】

値段
230円
■■■■■
値段は統一されてるようです


カレー455g+皿225g
■■■■
平均よりやや上

辛さ

■■■■■
中辛 
舌がピリピリする程度
ルーにトロミがあります

・福神漬けはオーダーの際に頼む
・レジ支払い

判定・・・まぁまぁです。



この大学のOB

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0